食 糧 生 産 部 

 

 

2016年4月1日現在:当研究室が管理する畑はなくなりました...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2014年6月11日

 

収穫

夏野菜たちが本気出し始めてます。

 

ピーマンと緑パプリカ

外の様子

キュウリ収穫期

ナス!

トマトはもうちょっと

ユスラウメ

甘くて美味しいのです

 

雑草も作物もぐいぐい育っております。

梅雨に入ると雨が降らないパターンの梅雨のため
水やりが面倒です。

 

個人的にはゴマがぜんぜん育たないので

密かに焦っております。

 

 

 

2014年6月2日

ご無沙汰しております

 

丸々1ヶ月サボってしまいました。申し訳ありません。

これを書いているB4なんぶを含め、畑担当の3人が八重山諸島へ2週間調査に行っていたため、その間水やりを他の室員にやってもらっていました。

 

その結果がこちらになります。

順調に育っています。

 

雑草が。

暑かったし雨も多かったようで、
すくすくと育ってしまいました。

空芯菜と雑草の
見分けがつきません。

 

これを2週間ぐらいかけて頑張って抜いていたのです。

あきらかに抜く量より育つ量のほうが多くて、

今日一応のめどは立ちましたが、あやうく敗北するところでした。

(個人的な話で申し訳ないんですが、農学部で勉強して良かったなぁと思うのは、
農薬が必ずしも悪ではないという認識ができたことなんですよね。

今回の草抜きだって、まだ小さなハウスの中だから耐えられたものの、もっと多かったり広かったりしたら投げ出してますよ。苗を抜かないように注意しながら雑草を完璧に除去するのって、ほぼ不可能です。農薬は偉大な発明です。
もちろん、農薬にはデメリットもあるので、当研究室は天敵農薬関連の研究に力を入れているのです。)

 

 

もちろん、
野菜も育っております。
(グラスジェムの背丈は1m超えてます)

ナスの花
(正面から撮れば良かった)

ちっちゃい実も
なってます

(ちゃんと撮ればよかった)

雑草に埋もれる前に
ぎりぎり救えました。

支柱の補強なんかもやりました。

いいお天気続きで順調です。

もうすぐ梅雨ですね。

2014年4月30日

播種・植え替え

 

育苗していた苗と買ってきた苗の植え替えをしました。

 

前回の更新の後、ハウス中央の畝を2つに増やしました。

 

まずはグラスジェム。

僕も知らなかったのですが、ビックリしますよ。

(画像検索の結果→glass gem

やんごとないトウモロコシです。

種が10粒1000円ぐらいします。栽培の目的は言わずもがなです。

 

 

 

当たり前ですが苗はどうってことないただのトウモロコシです。

トウモロコシは風媒花なのでなるたけ寄せて植えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きましてナス科。

手前からいわゆるナス×2、賀茂ナス×1、トマトとミニトマト×3

 

 

 

 

シシトウ(手前2株)と
ピーマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(そろそろ本気度をご理解いただけているころでしょうか)

 

 

 

左から沖縄レイシ、

ゴーヤ×2、

キュウリ×3

 

 

 

開墾地の畝はこんな感じになりました。

(礫の量が尋常でない)

 

沖縄レイシもゴーヤです。僕は苦瓜は苦手です。

 

 

 

 

カボチャの苗。
もうちょっとポット暮らし。

 

 

 

枝豆とエンドウも播種しました

(それらしい写真がない)

 

 

 

ほうれん草
春蒔きもできるようです。

 

植え替え時に若干痛めてしまいました。

 

 

 

空きスペースに

空芯菜を播種しました。
ヨウサイとも言いますね。

水浸しにします。

 

 

 

水やりをして

作業終了です

 

すでに種類のレパートリーがすごいことになってるんですが...

まだまだスペースはあるのでガンガン植えていきます。

順調に育ってくれることを期待しましょう。

 

みなさまよいGWをお過ごしください。

 

 

 

2014年4月14日

 

開墾・畝立て

 

休日も作業を続けておりまして、形になりつつあります。

まずは網室の中から

土を盛って、

発酵鶏糞と、

肥料をまきます。

メインの畝が3本完成

しました。

 

つづいて新規開拓のハウス脇の土地

ビフォーアフターのBeforeの写真がないんですが...

 

楡の木。

こんな切り株を6本も掘り出しました。

根っこと石との戦いでした。

ユスラウメを植えました。VIP待遇です。

じつはすでに実がついています。

来年どれだけ増えるかなぁ...

学部棟から見た圃場。

中央のかまぼこ型のハウスがうちのです。

その左のスペースを開墾しております。

 

あとは、開墾地の畝立てをして、苗を植えていきます。

いまはポットで発芽・育苗をしているところです。

次は植えるものを公開したいと思います〜

 

 

2014年4月11日

帰ってきた食糧生産部

 

初めまして。
B4のなんぶと申します。

この度「食糧生産部」コーナーの更新をしてみることにしました。(無許可)

なるべく頻度を落とさぬよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

(連載打ち切りになったらごめんなさい。)

 

さて、前回最後の更新が昨年6月。

その後収穫期を迎え、野菜は先輩方がおいしく頂いたのでしょう。

(僕は10月から配属になったのでハバネロの辛さしか味わっておりません)

 

畑は冬野菜を作ることなく休耕していましたが、

春になってやる気が出たメンバーによって食糧生産部の再始動が決定しました!

 

今年は実験圃場としても(本来の用途ですが)活躍しそうです。

僕もとある虫さんを集めるためにゴマを植える予定です。

 

いろいろ育苗中

今回はユスラウメの幼木も入手しております。

これは完全に趣味の範囲ですが。
写真はジャコウアゲハとともに。

半年も放置するとさすがに雑草がすごいことになっていました。

芝とか繁茂しています。

 

さらに今回ハウス脇の土地も使うことになり、開墾作業も並行して行います。

そんなに大きくはないけれど楡の木が4本も生えているような土地なので、

本当に開墾です。墾田永年私財法の適用を申請します。

 

過去の投稿を見ていると、このハウスはほぼ毎年荒れ地に戻っているようです。

人は愚かですね。

近いうちに作業の成果をお見せできるように努力します!

困難を極める除草作業

新年度になり、集合写真が更新されています。

当研究室に興味を持っていただける方が増えるように、

ホームページの更新を頑張っていきますのでよろしくお願いします!

 

 

 

 

2013年6月9日

 

その後

 

 植えつけてからの経過を忘れていました。

世話は毎日欠かさずやっているんですよ?

 

その甲斐あってすくすくと...

 

カボチャと押され気味のスイカ
カボチャと押され気味のスイカ
カボチャと押され気味のキュウリ
カボチャと押され気味のキュウリ
圧倒的なジャガイモ
圧倒的なジャガイモ
ピーマン、シシトウ
ピーマン、シシトウ
ナス
ナス
トマト
トマト
バジル
バジル
空芯菜
空芯菜
来客1
来客1
来客2
来客2

 

もうすぐ収穫期です。

 

 

 

2013年4月23日

 

植え付け

 

 前回の更新からずいぶんと間が空いてしましました。

この二週間ほどで様々な野菜を植えました。

スイカ
スイカ
ひもとうがらし
ひもとうがらし
ピーマン
ピーマン
フルーツトマト
フルーツトマト
オレノシリ
オレノシリ

 

この他にも

・ナス

・ジャガイモ

・ハバネロ

・トウガラシ

・キュウリ

・ゴーヤ

・カボチャ

・エンドウ

・インゲン

・エダマメ

・バジル

・シソ

・ネギ

・モロヘイヤ

・空芯菜

・ホウレンソウ

どんどん植えていきます
どんどん植えていきます
夕日と共に
夕日と共に

今年は畑が広くなったので調子に乗って去年の倍ぐらい植えてしまいました。

水やりが大変ですが分担して頑張ろうと思います。

 

 

 

2013年4月6日

 

生ゴミよ、高みへ

 

 毎日の自炊によって出てくる生ゴミ。

部屋に置けば腐って悪臭を放ち、返ってくるのは室員の冷たい目。

これらを何とか出来ないかと思い、畑の隅に生ゴミを埋める穴を掘ったのが数日前のことでありました。

 

 

結論:毎日畑まで捨てに行くのが面倒臭い。

 

 

そこで圭三さん、

「ベランダで処理できるやつ買ったらええんやないの」。

 

 

というわけで我々はコーナンへ連れてって頂き、野菜の苗と種、肥料、生ゴミ処理容器を購入しました。

野菜の苗と生ゴミ処理容器
野菜の苗と生ゴミ処理容器

これで毎日畑まで捨てに行く苦労から解放され、生ゴミの悪臭もなくなるはず。

本当に肥料になるのかは続報をご期待下さい。

 

週末の雨が終わればいよいよ植え付け。

 

もう虫たちも動き出しています。

ナミテントウ Harmonia axyridis
ナミテントウ Harmonia axyridis

2013年4月1日

 

新たなるスタート

 

いよいよ新年度となりました。

 

去年度末は就職活動や卒論に追われる部員が多く、冬野菜は放置されておりました。

繁茂するカラスノエンドウ。飛び交うヒラタアブ、モンシロチョウ・・・
繁茂するカラスノエンドウ。飛び交うヒラタアブ、モンシロチョウ・・・
※白菜です。
※白菜です。

 

 

我々は再び立ち上がりました。

 

草をひき、固まった土を返し、肥料を撒きました。
草をひき、固まった土を返し、肥料を撒きました。

手に血マメができました。

 

中央にも新たに畝を作りました。これで生産力が1.5倍です。

 

数日後には様々な夏野菜を準備する予定です。楽しみです。

 

研究室の自炊で生ゴミが毎日のように出るので、今年度はこれらを有効利用した生ゴミ堆肥にもチャレンジ予定です。

 

 

2012年12月12日

 

遡ること89年~冬野菜たちは、今~

 

ご無沙汰しております。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今更ですが下の記事、よく見ると西暦が2102年になっていますね。

うっかりさんだなあ、もう。

 

※ 画像がないのは仕様です。以下、想像力を膨らませてご覧ください。

 

---------------------------------------------------------------------

 

さて、新たに植えた冬野菜たちですが、順調に育っています。

ちょこちょこと間引き菜を使用してサラダや鍋を作っていました。

 

   (美味しそうなサラダや鍋の図)

 

最近はカブが大きくなってきたので、吸い物を作ったりもしました。

 

   (カブの吸い物を啜る部員の図)

 

寒さが厳しくなってきたため、秋ごろに蒔いたもの達は成長が悪いようです。

もう少し大きく育ってくれればいいのですが...

 

 

サツマイモ、その後

 

それは夏の暑さも和らいだ10月のある日でした。

サンマパーティーをしていた我々は焼き芋を作ろうと思い立ちました。

網室にはきっとたくさんのイモ達が食べられるのを待っているはず...

逸る気持ちを抑え芋掘りへと向かいました。

手には懐中電灯を携え、暗闇の中を進みます。

入口を開け、中に入る我々。

しかしそこで目にしたのは、無残にも掘り返され畝の無くなった畑でした。

 

   (掘り返され、荒れ果てた畑の図)

 

すぐさま鍬を使い地面を掘り返すも一つも見つかりません。

網室の奥には大きな穴が空けられていました。

恐らくイノシシでしょう。

圃場を囲むフェンス、網室、そして畝の周りの囲い...恐ろしい執着心ですね。

我々はなすすべなく退散しました。

その夜、部員のF氏は悲しみの涙で枕を濡らしたといいます。

 

                                     END

 

 

イモを失い、絶望の淵に立たされた食糧生産部員。

そこにあったのはイモへの愛とイノシシへの憎しみであった。

部員Fはイノシシへの復讐を誓う。

 

次回、食糧生産部、「芋への愛、シシ鍋の行方は」

また見て下さいね!

 

 

2102年9月27日

 

新たなるスタート

 

更新をさぼっておりました。そして畑の方も夏野菜の収穫のピークが過ぎた後は、手入れさぼっておりました。

久々に畑に行くと、そこには遷移が進んだ草原が…。

 

冬の野菜不足は研究活動に支障をきたす可能性があります。

そこで我々は再び立ち上がりました。

改めて冬野菜の植え付けのために、草原をなぎ払い、夏野菜の残骸を処理しました。

サツマイモとネギはまだ残しています。

 

そして新たにダイコン、ハクサイ、キャベツの苗と、ミズナ、ホウレンソウ、春菊、ニンニク、タマネギの種を蒔きました。

土鍋を抱えながら、冬野菜たちがこれから大きくなってくれる事を祈ります。
土鍋を抱えながら、冬野菜たちがこれから大きくなってくれる事を祈ります。

2012年8月5日

 

収穫状況2

 

鬼のように実ったキュウリとピーマンが落ち着き、トウガラシ、ハバネロ、トマトが連日大量に収穫されています。種子がなかなか発芽しなくて不安であったネギと大葉も順調に成長し、毎日大葉が食べ放題です。ジャガイモもためしに数本収穫したところ、大きなイモがいくつもあり、しばらくは楽しめそうです。

ゴーヤがいまごろになって緑のカーテンを形成している
ゴーヤがいまごろになって緑のカーテンを形成している
ゴーヤ 今はまだかわいいサイズ
ゴーヤ 今はまだかわいいサイズ
こちらは白ゴーヤ しっかり苦い
こちらは白ゴーヤ しっかり苦い
神戸大をバックに キュウリ
神戸大をバックに キュウリ
トウガラシ 自家製ラー油でも仕込むか
トウガラシ 自家製ラー油でも仕込むか
なす
なす
ネギ
ネギ
大葉(しそ)
大葉(しそ)
ハバネロは危険なので注意して刻むこと、ぜったい目や**を触るなよ、絶対だぞ
ハバネロは危険なので注意して刻むこと、ぜったい目や**を触るなよ、絶対だぞ
刻みハバネロ
刻みハバネロ
刻んだ後の手に注意しないとこうなる
刻んだ後の手に注意しないとこうなる

2012年7月18日

 

収穫状況

 

キュウリ、ナス、ピーマンはコンスタントに収穫しています。最近はミニトマトが次々と色づいており、毎日トマトを食べています。トウガラシももうそろそろ。

 

最初は心配していた青じそも大きくなってきました。ネギも食べごろを迎えています。

 

野菜豊富な研究室生活です。

キュウリ、ミニトマト、ピーマン、ネギ、青じそ、ナス。少し放置するとキュウリがとんでもない大きさに…。
キュウリ、ミニトマト、ピーマン、ネギ、青じそ、ナス。少し放置するとキュウリがとんでもない大きさに…。

2012年6月26日

 

ついに収穫!!!

 

キュウリ、ピーマンが収穫時期をむかえました。

 

キュウリはうどんこ病が心配されましたがダメージは小さいようで、これからもどんどん実が大きくなりそうです。

収穫したキュウリ、ピーマン、おまけでその辺に生えてたスベリヒユ(おひたしがうまい)

収穫が待ち遠しいトマト。

早く色づいておくれー!

唐辛子も赤くなるまで待ちます。

収穫の際はゴメスに味見してもらいましょうwww

ナスもそろそろ収穫です。タイカレーで収穫祭を開きたいところ!

 

 

2012年5月31日

 

途中経過その1

 

半月ほど経ち、すくすくと育つ野菜たち。

 

ジャガイモはなかなか芽が出ず、心配しましたが、伸び出すとぐんぐん成長します。

 

今日はすずめが迷い込んでいました。

水やり
水やり
きゅうり
きゅうり
ごーや
ごーや
じゃがいも
じゃがいも
はばねろ
はばねろ
みにとまと
みにとまと

2012年5月16日

 

植え付け開始

 

本日はミニトマト、ピーマン、ナス、ハバネロ、唐辛子、白ゴーヤ、緑ゴーヤ、キュウリ、ネギ、大葉、ジャガイモ、サツマイモを植えました。

雑草を除き、土を耕し、畝を作っています。

非常に暑かったので、半裸で作業している人もいます。

イボなしきゅうり。隣にはイボありを植えました。

うまく実れば浅漬けです。

 

今後は水やり、雑草、害虫防除をしっかりやっていく予定です。

水やり当番を決めねば。

 

収穫が楽しみです。

 

 

 

2012年5月8日

 

開墾開始

 

 

荒れ放題の圃場に鍬が入りました

大まかに雑草を除去

仕事が終わった後のドクペは最高

カウンター

Twitter

リアルタイム(ここ

過去ログ(ここ

 

最近の10話題↓